2019年08月24日

急を

身内にまつわる懸案事項が急を要している。昨夜からひとり悩み惑い、さまざまな情報にもあたってみたが埒があかない。文字どおり身を粉にして勤め上げてきたこの国の多くの人々の行き着く先がこれほどまでに不安定なものになろうとは、直接的であれ間接的であれ自身がその現実に直面するまでなかなか気付くことはできないだろう。心労が募る。今はただただ心安く信頼と愛とが通底する日々を生きて在りたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

思案(修正)

「心の底から頷くことのできる本当に好きなものを持つと人は強くなれる」(「若い世代に」)。心の底からの安心や安全の感覚もまた、同様の強さをもたらしてくれるように思う。真の意味での安心や安全とは程遠い今のこの世で、決して容易ではない現実をどのように切り拓いてゆくのか − 外部からの刺激に対する耐性や免疫力を飛躍的にアップさせる方法を模索していて、ふと思い此処に至った。歩み止めずに思案してみたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心労

心労のあまり昨夜は倒れた。許容量一杯にまであふれ返ったさまざまを抱えたままで臥せり、思いきって身を起こした今も言葉がうまく出てこない症状で苦しんでいる。身内にまつわる懸案事項を一時棚上げすることでやっと、ささやかな日常から始める今日という日を取り戻すことに成功した。心たまらなく急いているからこその体調管理にも留意しつつ、徐々にペースを上げていきたい。早朝からの断片的な記録繋げて取り急ぎここまでを記す。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

コミット

越えられたと思っていたふた山めの名残ゆえ、安堵のため息は一時保留となってしまった。思案に思案を重ねているが妙案には至らず、人ひとりの安全と安心を確保することがこれほどまでに困難な今の世を憂いている。けれど、立ち止まってはいられない。ほんの僅かでも少しずつでも世を変えていきたいと思うのならば、形はどうあれ己自身が社会への一層のコミットを図らねばならないだろう。心の傷が現実の痛み伴うこの身をもって、あなたを想い叶う限りのステップを踏んでいきたい己がある。如何なる苦難にも負けることなく進んでいきたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふた山を

身内強力に支える日々がようやくふた山めを越え、体調を崩しながらも何とか安堵のため息をつけそうなところまでたどり着きつつあることを、今はただ心よりの感謝と共にお伝えしたい。窓辺にもたれ徐々にでも言葉とことばたぐり寄せて在るひととき、おそらくはあともうほんの少しで己本来の感覚を取り戻すことができる − 日常と非日常の狭間でそう感じ得る瞬間が確実に増えてきている。人互いにそれぞれを認め合い高め合える世にいつも在りたい。在れるよう努めていきたい。そう思う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
あふれ返る日々の随に。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

経験

人みな生きて在ると実にさまざまな経験をするものだ。そのたびに喜怒哀楽の情を味わいながらそれぞれの経験を血肉とし、少しずつ各々の人生の深みを増していくものなのだと思う。この世には、できることなら味わわずに済ませたい経験も多くあるが、一説によると、人は決して乗り越えられない試練に直面させられることはないのだという。真偽のほどは定かではないが、今こうして幾多の苦しみを抱えながらも生きて在ることをあらためて想起すれば、いずれすべてを乗り越えて大きく成長した己に出会える確率はそう低くはないのかもしれないと思えてくる。今はまだ覚束ない足取りでも不安になるまい、なるなかれ、だ。時に心弱く立ち止まってしまうことがあるのだとしても、その先にはきっとより良い未来がある。同じ道なら笑顔で往こう。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

インテルメディオ

体調を上向かせるための地道な方策を試みているその傍らで、力今にも尽きてしまいそうな不安に駆られ懸命に己鼓舞する苦しい時を重ねている。叶う限りの笑顔忘れず何事においても強く明るくいこうとしているがやはり苦しい。決してぐらつくことのない我が身礎この心、しっかりと保ち得ている、それだけが今の救いだ。負けずにいたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

人生

人はみな誰しもこの世で果たすべき何らかの役割や使命、学ぶべき課題のようなものを持って生まれてくると言われる。その説によれば、人生は生来の(本当の)自分を思い出し、その生命を最高に輝かせていくために用意(獲得)された時間なのだということになりそうだ。だとしたら、各々の生を文字どおり「最高に輝かせていく」責任が私たちにはあり、叶う限り心の底から満ち足りた時間を重ねていくべく努めることは、人生における最大の喜びに繋がるものなのだと思う。かつて想像だにしなかった不慮の事故により体調を崩すまで、幸いなことに私の人生は(ある一面から見れば)概ね順調だった。もちろん、人生にはつきものの大小さまざまな山や谷を経験してこなかったわけではないけれど、生来の生命力に満ち満ちたしっかりとした強さに恵まれていた。そして今再び、私はその強さを何としても早急に取り戻そうとしている。今回視野に入れている方策はとてもシンプルだ。外気温が高いうちは室内で試みる。卵が先か鶏が先か、何はともあれ試してみたい。言葉とことばもしっかりと取り戻していく。急ぎたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

あふれ返る日々 その11(修正)

伝えたくとも言葉では伝えきれないさまざまな想いや葛藤が渦巻いている。伝えきり分かち合えたらどんなにか心安くあれるだろうと、時と共にめまぐるしく変わる空の表情をみつめながら考えていた。いたるところで意味のある偶然が相次いでいるので心急き悩み惑うが、盛大に地上を照らす見事なエンジェルキャスケード(雲の切れ間から降り注ぐ日差し)に思い託して新しいの歌声を繰り返し繰り返し聴いてみていた。たとえ今はどのような環境下に置かれていようとも、この曲を聴いた誰もがきっといつかはもっと幸せになれる。そんな気がする。聴き続けたい。

追伸

現在、まるで記事の更新を阻むかのような強力な負荷がかかり身を起こしていることがとても辛い体調を抱えている。痛み苦しみ多々あれど負けずにいたい。舌足らずでもどうか今は許してほしい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
posted by フェリックス at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

せめてもの(徐々に修正)

昨夕から昨夜にかけて書きかけのまま臥せり更新することができなかったたどたどしい文章がある。今もまだ体調を整えきれず推敲もままならないが、休み休みでもモニターに向かい努めていたせめてもの証に敢えてそのままを載せる。

体調を酷く崩して今日(月曜日)はほぼ丸一日を休息にあててしまった。身を起こしていることがたまらなく辛い。けれど、先ほどから思いきってモニターに向かい、拙くとも言葉足りずとも幾言かを記すべく我が身懸命に励ましている。人ひとり意思の力ひとつをもって為せることには限りがある。たとえて言うなら今の気候だろうか。さまざまな要因により長い年月をかけて現在に至った結果、人の健康や生死に影響を及ぼすほどの高温多湿を繰り返す日々から何とか身を守ることはできても、気候そのものを容易に変えることはできないように。今の私にできることは、どのような環境下にあっても健康を取り戻して最善を尽くすことのみだ。早急に体調を上向かせて全力で叶う限りを為していきたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする