2018年05月06日

幾歩かを

体調を酷く崩したまま、意を決して暫しの外出を試みた。 負荷あまりにも強くかかり続けて心脆く頽れてしまいそうな中で、より良き未来のために叶う限りの力振り絞り重要な幾歩かを刻んだ。一進一退の現状を何とか打破していくためにも、外気に触れ日差しを浴びて歩くという人として自然な営みを重ね重ねて、弱りきってしまった脚力を取り戻し密度の濃い日常への足かがりをどうしても掴まずにはいられなかった。無理を押しての外出だったので帰宅後のメンテナンスに時間を要してしまい、ふと気付けば夜を徹しての一大事になっていた。

心と身体、今もまだ整えきれてはいないのだが、言葉絞り出すようにして何とかここまでを記してみた。書き始めから相当の時間が経ってしまったので、ひとまずこのままを更新してみたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
日々少しずつでも更新速度を上げていきたい。

posted by フェリックス at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする