2018年05月17日

衝動を

幼いころから「書く」ことに困難を覚えたことはなかった。多くの場合、ことばは天から舞い降りてくるかのように自然にあふれ出してくるものだったので、書きたい時に書けるだけのことを存分に表していた。時に自らの意思を超えた不思議な文脈に遭遇することもあった。そのままを記しておくとその後にすべてが繋がって、ひとつの大きなタペストリーが浮かび上がってくるような経験も多かった。ここまでを記すと、己のことば如何に悴んでしまっているかを思い知る。心も身体も強張っていて記せどもぎこちなさばかりが際立っている。けれど、拙くとも表さずにはいられない衝動が身の内でうごめいている。表したい、表したい、表したい。今日は一日その思いに駆り立てられるようにして苦しんでいた。慣れ親しんだ活字に触れ、失われかけていたすべてを取り戻して心羽ばたくままにさまざまを書き記していきたいと切実に思う。

長い間、困難な時を重ねてきているので後遺症を未だ払拭できずにいるが、推敲が追いつかない。取り急ぎここまでを更新したい。

深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見出したい

湿度やや高めで蒸し暑い今日は
適度な水分補給を忘れずに心と身体の声に耳傾けながら
慎重に動いている。

さまざまな痛み抱えているので
先を急ぎたい思いじっと堪えて一歩を刻む。

どんな時でも後退はすまい。
しっかりと前を見据えて進んでいく。

妙案を見出したい。

深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする