2018年08月22日

思案

気力体力のみならず、人が生来持っている独自のエネルギーフィールドを満たしているはずのエネルギーまでもが枯渇してしまいそうな症状に悩まされている。軽度な場合はこちらが役に立つのだが、今の私が経験しているレベルになるとさらに強力な手立てが必要になってきてしまう。可能な限り食を整え適度な運動と休息を心がけてもなかなか回復しない強い疲労感がある。

「人は、ぐらつくことのないしっかりとした自分自身を保持できる限り、相当なダメージにも耐えることのできる強さ(バリア)を持っている。しかし、ひとたび何らかの事情でその『強さ(バリア)』が破損したり失われたりした場合、外部からの影響をもろに受けやすくなってしまう」(「超敏感体質を克服するための処方箋 その1」)のだ。

どうしたらいいだろう。できることならしっかりと健康を取り戻して全速力で駆け出したい衝動に駆られている。妙案はないものだろうか。尽くせるだけの力尽くしてかろうじてでも身を起こし、あなたの姿歌声をそらでなぞりながら己励まし思案している。生きる力を希望を取り戻したい。

心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩の力を

ささやかな日常の可動域を一刻も早く通常レベルに近づけるよう悪戦苦闘している。その一方で、失われたさまざまな記憶(必ず戻ると信じている)を抱えたままの限られた語彙をどのように表していけばよいのか真剣に考えながら進もうとしてもいる。そんな折に、愕然とするほどの気力と体力の低下を思い知るような出来事を体験し疲労困憊、気もそぞろでモニターに向かうまでにかなりの時間がかかってしまった。日々何事かを為し記す試みを大切に重ねていきたい。そのためにも長い間堪えてきた観て聴いて読むことに(視覚聴覚を労りながらも)取り組んでいきたい。時飛ぶように過ぎる、だからこその今を懸命に生きていければと思っている。未だ強張ったままの肩の力を抜いた自然体の私でありたい。

心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

奔流

体調をなかなか整えきれずに保留し続けてきてしまった観たい映像、聴きたい音楽、読みたい本が山のようにある。視覚と聴覚そして記憶が今も完全には戻りきれていないので無理もないことなのだが、今になってまるで目が覚めたかのように思えるほど我慢していたものたちがせめぎ合っていて、心急く思いが奔流のようにほとばしり出るのを感じている。

ここまでを書いて昨夜は臥せってしまい、今日もまた気力体力戻らずにこの時間まで身動きがとれずにいた。視覚と聴覚はもちろんのこと、数々のショックのあまり失われた記憶の多くが戻らぬままであることにかなりの危機感を覚えている。観てきた映画、聴いてきた音楽、読んできた本のタイトルとプロットまでは思い出せても実質的な内容が未だ完全には伴わないのだ。観て聴いて読んだものたちがいずれも血肉となっているのでその点においては悲観せずにいられるのだが、日々何事かを記す試みにおいては具体性が希薄で大きな障害となっている。心癒やされればいずれは戻ると思っていたものたちが実際に戻るまでは、たとえ抽象性が際立つとしても叶う限りを記していこうと心に誓い今日までは来た。けれど、書ききりたい感じきりたい衝動が高じてくると、思い出しきれないものたちが多くあることにたまらないほどのもどかしさがこみ上げてくる。大丈夫だろうか。私は本当に大丈夫だろうか。不安よぎるも今はただただ前進あるのみだ。負けずにいこう。

心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
posted by フェリックス at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする