2018年08月02日

自然体の

強力にかかり続ける負荷を跳ね返すくらいの勢いでの歌声を聴き、猛暑続きのこの夏に負けないくらいの熱い心と健やかな身体をもって駆ける私の姿、繰り返し繰り返し思い描いて体調の回復に努めている。身を守るために閉じていたイマジネーションを全開にするところまでは未だたどり着けていないが、それでもこの試みによって徐々に自然体の私らしさ、生来の自然なリズムが戻ってくるような気がしている − ここまでを記してまた暫くの間臥せってしまったが、叶う限り歩み止めずに勇気を持って進んでいきたい。日付変わってしまったので、ひとまず一度更新したい。

心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 03:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする