2018年08月03日

記し表す

心と身体、日を追うごとに弱っていくような不安に駆られて力入らず、の歌声を聴きながら我が身懸命に励ましている。長きにわたる静養の日々、徐々にでも、いや、できることなら今すぐにでも臥せりきることなく動き出さねばならない時を迎えているため、健康の問題も含めていつの間にか多くを意識に上らせてしまっていることが不安を助長しているように思う。急ぎながらも決して焦ることなく心を鎮め、自信に満ちた確かな一歩を刻んでいけるようでありたいと願う。言うは易しと言うけれど、苦難の時をしっかりと乗り越えて行っていけるようでありたいと願う。言葉の力を侮らず、心をこめて記していきたい。表していきたい。

心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
posted by フェリックス at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする