2018年10月27日

昨夜

昨日の記事更新後、負荷その強さを再び増して身を起こしていることができずに新たな記事書きかけのまま臥せってしまった。浅い眠りから覚めてもなおとても苦しく、形容のし難い強烈な不安や恐怖、絶望が(奇妙なことだがあくまでも外側から)押し寄せてきて(内面的な不安要素と強く共鳴してしまうような症状を)治めるまでにかなりの時間を要していた。おそらくは体質ゆえの(もちろん全力で克服をめざしているが)この如何ともし難い酷な体験からさえも多くに活きる方策を見出していけるような強さ持ちたい。負けずにいたい。そのためにも希望の灯火いつも絶やさず心の中で燃やし続けていきたい私が在る。ひとまずここまでを更新したい。

心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする