2018年11月30日

この今を

晴れ渡った空を見上げて
あなたの歌声を聴きながら
深い呼吸を繰り返し繰り返して

負荷かかる中でも負けずにいられるだけの
強さ得るべく試行錯誤を続けていた。

けれど、一昨日あたりから再び強まったこの負荷を
どうすれば乗り越えていけるのか
未だわからずにいる。

できることなら苦しさを表さずにいたかったので
更新が遅れてしまった。

この今を思いきって記す。
妙案を見出したい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光に満ちた

ドイツはエルベ河畔のバロックの街ドレスデンで
今年584回目を迎えるクリスマスマーケットが始まった。

国内でもあちらこちらで
イルミネーションの点灯式が行われて

ああ、今年もまたそんな季節を迎えたのだなあと
時の経つ速さにあらためて驚かずには
いられなかった。


こんなことを書いている今も実は
かかり続ける強力な負荷と闘っており
言葉思うように出てこない辛さを味わっている。

どこまでも明るく前向きにいこうとするといつも
足元をすくおうとするかのような動きがある。
けれど、だからこそなおのことまっすぐなまなざしで
眩い光に満ちた世界を街をそしてあなたの瞳を
みつめていたいと思うのだ。


ここまでを書いて暫し臥せり日付が変わってしまった。
拙さが気になりながらも書いていたその証に
ひとまず一度更新したい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

発話と発声

人その健やかさ保つために必要なものは数あれど
発話発声の機会を持つことがとても重要であることを
今あらためて実感している。

聴き手話し手の別を問わず
まずは声を出して話すこと自体が肝要で
意義のある意思の疎通に繋げていければなおのこと
良いように思う。

私の場合は聴き手になることが多いのだが
対話を続けているうちに話し手の表情が明るくなり
徐々に輝いていく様子を目にすることができると
とても嬉しい。

問題があるとするなら
今の私自身があふれ返る想いをうまく表せぬまま
発話発声の機会すらも失いがちだということだ。

叶うものなら信頼と愛とが通底する環境において
生きた言葉を交わせるようでありたいと思う。

とりとめのない内容になってしまったが
今は取り急ぎここまでを記す。

短くとも意義ある言葉存分に交わして
喜びと高揚感を味わえるような日々を過ごしていきたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする