2018年11月08日

現在 その3

負荷あまりにも強くかかり続けて
身を守り気持ち表すことが容易ではない状態にある。

けれど、気を張ってかろうじてでも身を起こし
日々何事か意義あることを為していく、その心だけは
どんな時でも忘れずにいたいと思う。

語彙今は極端なほどに限られていて
こちらのような症状にも悩まされている最中にあるが
少しずつでも活字追う試みを通じて
克服をめざしている。


ここまでを書いてあらためて事態の深刻さに気付いた。
こちらでも触れているような「日を追うに従って
語彙が減少し平板で単純化していく」症状が
顕著だ。

どうしたらいいだろう。
途轍もない不安に駆られて動揺を禁じ得ない。

取り急ぎ今はここまでを記す。

いつでもどんな時でも
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

叶うものなら

時、何時にも増して飛ぶように過ぎて
心、たとえようもなく急いている。
急いている。

波立つすべてに
叶うものなら調和もたらしたい。

臥せりつつ
祈る夜。

いつでもどんな時でも
心の底からの深い愛と真心、感謝そしてお詫びの気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 03:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする