2019年01月19日

急遽

今朝の記事更新後に体調が急変し
急遽安静を保たなければならなくなった。

私にとっても初めての体験なので
過信してしまっていたのだが

インフルエンザを侮ってはならない。
似ているようでも風邪とは違う。

山場を越えても睡眠と栄養はしっかりと確保し
真の意味での回復をめざさなければならない。

食再び細りがちなので
その点においても注意しながら進んでいきたい。

どんな時でもぐらつかない礎のもと
あなたの姿歌声をいつもそらでなぞりながら。

追伸

サーバーやコンピューターへの不正アクセスが続き
記事の更新を阻むような動きが常にみられている。
特に文章の中で触れなくとも
そのような環境下に置かれているのだということを
記憶の片隅に置いておいていただければと思う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徐々に

徐々に食事が喉を通るようになってきた。
歯応えのある固形物はまだ無理なのだが
たとえ僅かでもものを口にすることができれば
人の身体はその本来の機能を取り戻し始める。

現時点での体調はやや重めの風邪の後期症状に近い。
呼吸器の働きが弱っているので息苦しく
脳に十分な酸素が行き渡っていないためだろうか
思考力が低下している感は拭えない。

けれど心たまらなく急いているので
思いきって書いてみている。
意が通ずる状態にはあるだろうか。

書き始めからかなりの時間が経過している。
今此処に在るせめてもの証に
一度更新したいと思う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

回復を

インフルエンザが猛威をふるっている。

私にとっては全く初めての体験だったので
現時点でかなり苦しい体調を上向かせるため
役立ちそうな情報に触れて回復を急いでいる。

通常は発症から3日程度で全身症状が収まり
その後に咳や喉の痛み鼻水などの呼吸器症状が
1週間程度続いて回復に至るとのこと。

私自身はやや強めの呼吸器症状が続いており
咳き込むと胸が痛むので注意している。

腰痛や吐き気の形をとる場合もある。
また「B型」だと高熱は出ないそうなので
慎重な判断が必要だ。

いずれにせよこの時期に突然の高熱や全身症状が出たら
即病院へ足を運ぼう。

先を急ぎたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする