2019年03月06日

歩く試み

思いきった突然の外出に心と身体が悲鳴を上げて
予想以上の疲労と腰の痛みを和らげるべく
念入りなメンテナンスを施していた昨晩。

いつの間にかの歌声と共に夢の中をたゆたい
何とかやっとモニターの前に戻ってきた。

何事にも今は時間がかかってしまう。
けれど、いや、だからこそ
街を歩く試みは続けねばならないと思う。

歩かねば歩けなくなる。
危機感で一杯だ。

お待たせして本当に申し訳なく思っている。
更新に差し支えない範囲で歌声と共に
歩き続けたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

感じきりたい

窓越しの野鳥さえずりを交わして
子供たちが楽しそうに駆けていく街を
の歌声と共に往きたい。

ふとそんな衝動に突き動かされて
僅かながらも久方振りの外出を試みたいと思う。

太陽に恵まれた今日という日の幸いを胸に往く。
かけがえのない歌声を街を感じきりたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輝きわたる

楽しかるべき物事をたくさん思い描いて鮮やかな色彩やユニークなものたちに触れ、美しいものを愛で美味しいものを味わうようなそんな体験を増やしていけたらいいなと思う。身を守るために抑制してきてしまったイマジネーションの回復には、自由で豊かな空想を膨らませることに慣れ親しむ体験が役立ちそうな気がしている。そして何よりのステージに足を運ぶこと − 体調を崩してからはいつもかなり鮮明にの姿歌声を思い浮かべそらでなぞりながら過ごすことにしているのだが、ライブ会場ならではの熱気を直に体感することができたならと思わずにはいられない。いられないのだ。そのためにも一刻も早く体調を整えていかねばならない。今あらためて決意固める火曜日の夜明け前。輝きわたる太陽がたまらなく恋しい。読み直すことなくここまでを記す。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 05:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする