2019年04月25日

届け続ける

この街は今年2度目の夏日を記録。
湿度高めでやや息苦しくも
叶う限り臥せらずにいることをめざし
ここまでは何とか成功している。

言葉とことばはもちろんのこと
自然体の自分らしさを取り戻すべく
そのきっかけをの歌声と書物に求めて
飛ぶような幾時間かを過ごしてしまった。

「実存的認識は決意である」(ヤスパース

嘗て親しんでいた書物の片隅に記されていた
自分自身のメモ書きを見てふと涙こみ上げそうな
そんな気がした。

あらゆる意味で急がねばならない。
大幅な遅れ取り戻すためには
リハビリを続けつつも躍進を遂げねばならない。

何としても記憶のすべて
語り得べき言葉とことば取り戻して
縦横無尽に表していきたいと切に願う。

この胸に息づく熱い想いを届け続けたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幾歩かを

前向きな姿勢を表明すると負荷急激に強まる傾向が今も続いている。無理を押しての試みを決行しようとするたびに体調を崩し、泣くに泣けないペースダウンを余儀なくされてしまうのだ。けれど、決して負けじと心に誓い身を起こして幾言かを記す試み続けていきたい。たとえ今は苦しくとも為せば成るのだと信じていたい。時折の眩い日差しと歌声に背中押されるようにして、今日もまた幾歩かを刻む。良い日にしたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする