2019年05月18日

在るということ(徐々に修正)

幼子のように純粋な好奇心を膨らませて
目に留まるすべて叶うものならその形をなぞり
しっかりとした感触を確かめていく時を持つことは
健全な人格形成上とても重要なことなのでは
ないだろうか。

在ることの本質を指先に覚えさせる試みは
今やその多くがアスファルトに覆われてしまった
大地に根ざす大切な生命(いのち)の記憶へと
繋がっていくような気がしている。

有機無機を問わずこの世には
触れられるものと触れられないものがあるけれど

もしも可能で許されるなら
身の回りのものや愛する家族、恋人もしくは
こちらのように自分自身にしっかりと触れて
在ることを直に確かめていけるといい。

この季節にありがちな
バランス感覚や気持ちの乱れをも
修復していくことができるように思う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何処(いずこ)

夏日続きのこの街に吹く微かな風の
ふくよかな薫りを身に纏い歩いてゆく
道は穏やか。

この国の彼の国のざわめきよ何処

瞳こらして
みつめ続ける。

耳を澄まして
聴き続ける。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫緊の

ささやかな日常のさまざまとの兼ね合い
言いきることでのいや増す負荷で
苦戦している。

体調を整えてモニターに向かい
書くことそのものに注力していけるような
環境作りも不可欠だ。

喫緊の課題抱えて
真剣に思案している。

今はまだ辛く苦しくとも
負けずにいたい。

続けていく。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝そしてお詫びの気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望

脈打つ波動を受け止めてみていた。
足元の確かさと生気に満ちた己を保つ
そのすべを見出していきたいと切実に思った。

全速で進みながらも強張りがちな心と身体
意のままに休らえていける
そんな在り方ができる気がした。

大いなる希望を胸に
加速して

往きたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 03:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする