2019年06月27日

あふれんばかりの

心労のあまり臥せり身動きができぬままの夜を明かした。かけがえのない歌声と言葉に触れ我が身奮い立たせて、今はただすべてにおいて健全なオプティミズムを貫いていければと思った。この胸にはいつもあなたへのあふれんばかりの愛がある。時に心弱く挫けてしまいそうになっても、この想いが消えるようなことはない。今日はまたこれから力尽くしてさまざまな情報にあたり奔走を続けねばならないが、叶う限りの合間を縫ってせめてもの幾言かを記していければと思う。取り急ぎ今はここまでを記す。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする