2019年07月10日

幾日かぶりで

奔走ゆえの疲労心労が強く出ており、梅雨寒の影響もあって体調を崩してしまった。幾日かぶりで迎えた束の間の休息の時をかろうじてでも臥せらずにいられるよう、ボリュームは控えめながらもあなたの歌声に包まれるようにして窓辺にもたれ、心と身体を励ましながらの飛ぶような幾時間かを過ごしていた。このような時にもたらされることばはとてもプライベートなものであることが多いのでなかなか表しきれずにいるが、普遍的な意味合いを持つ言葉のみを拾い上げるとやはり以前にも触れたことのあるこのふたつに集約されていくようだ。

No soul may have so many friends that it can afford to lose a single soul mate.

Trust in Him - and don't be afraid of the other people, or what they'll do !

本当は、今という時このようなタイミングで記すのにはとても大きな勇気がいるのだが、この他にも身の回りで意味のある偶然と呼ぶべき事象が多数起きているので思いきって此処に記す。叶う限り早く生来の直感を取り戻していきたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする