2019年10月31日

思いがけなく

体調を整えながら真剣に思案していた指先を励ますように、思いがけなく眩い日差しが照らし出した午後。雲間から顔を覗かせた太陽の後押しを受けて記す言葉のひとつひとつに、ささやかでも確かな生命が宿りゆくのを感じていた。窓の外を元気一杯駆けていく子供たちの笑顔と歓声に勇気をもらい、それらをより具体的な形にしていくある種使命のようなものを決して蔑ろにはできないとあらためて思った。舞い降りることばたちは数あれど、今はまだプライベートな域を出ていないものが多い。けれど、それらを私なりのフィルターを通して伝えていくことができれば良いように思う。試みたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走り続けたい

急を要する体調不良で風邪の処方を試みていた。
気温低めの夜だけに心も身体も温めながら
かろうじてでも此処に戻った。

心通じ合えばこその限りない喜びを求めて
どんな時でも寄り添うように
走り続けたいと願う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 05:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

励まされつつ

晴天を告げる天気予報に背中押されて明日は
かけがえのない歌声と共に短時間でも
街をゆこうと心に決めた。

逼迫している懸案事項の数々に
心たまらなく急いてはいても

あふれ返るばかりの日々
そのままでは
適切な打開策も見出せまい。

大地を蹴って全力で駆けるに足る脚力も
確かな一歩を刻むことから
始めねばならない。

安全な通信環境の回復も急務だ。
今はただ人々の良心を
信じてみたいと
思っている。

励まされつつ。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする