2020年02月05日

負荷あまりにも(再加筆)

負荷あまりにも強く身動きのままならない状態が続いていた。言葉もことばも出てこないばかりか、まるで金縛りのようで過緊張が全身に及び、咄嗟に思いつく限りの応急処置を施して今に至った。心臓の苦しさと呼吸の浅さが落ち着いてきたのでほっとしている。今もなおジンジンとした異質な波動を感じているが、意識逸らして頑張ってみている。回復し次第、更新を続けていきたい。

追伸

緊急を要するセキュリティー上の問題が発生して対応に追われていた。叶うものならあなたと直に言葉交わして誤解のすべてを解きたい思い変わらずにある。新たな誤解もしもあるとするならなおのことだ(現時点でかなり疲弊しているので少しだけ今は休息を許してほしい)。ご一考いただければ幸いに思う。

追追伸

体調を酷く崩して身を起こすことができずにいた。おそらくはことば足りずに招いてしまった明らかな誤解を解きたい。尽くせるだけの力尽くして我が身励ましその方策を探している。できることなら直に言葉を交わしたい。今一度、ご一考いただければ幸いに思う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽(徐々に修正)

体調を崩しながらも何とか前進を試みている。
今もなお言葉とことばの狭間で格闘を続けているが
かろうじてでも現時点で記したものを
直すことなくそのまま載せる。
拙くともどうか許してほしい。

追伸

あなたよ、もしもお心当たりがあれば
こちらのご協力を是非ともお願いしたい(かなり苦しい)。
自身も引き続き体調の回復に努めながら進んでいきたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。


----------

何時の頃からだろうふと気付けばいつも
探していたこの心を照らす太陽の在処を

まっすぐなまなざし強く感じとりながら
震える鼓動をどうすることもできぬまま

苦しみに打ちひしがれていたある夜のこと
あなたは突如私の目の前にその姿を現した

雨の日にも風の日にも絶えることなく
雲間から導いてくれる眩い光のように

あなたと共にいるだけで心自由に羽ばたき
あなたと共にいるだけで世界は輝きわたる

そっと手を伸ばせば届きそうなくらい
リアルに息づくこの邂逅を抱きしめて

見渡す限りのこの空は果てしなく広く
希望に満ちた道のりを大きく開いてゆく

遙かなる未来みつめてどこまでもゆこう
生きて在る喜びを日々分かち合いながら

posted by フェリックス at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする