2020年02月07日

聴き続けたい(修正)

晴れ渡った空に日差しあふれて眩いばかりの金曜日は、聴覚を労るためにボリュームは控えめながらも昨夜からずっと聴き続けているの歌声と共に滑り出した。幾度となく繰り返し繰り返して感じきりたい思いのままに聴いていると、いつの間にかその人がすぐそばで歌っているかのように感じられて、思わず、これまでに自分自身が会場で体感してきたステージのを思い出して胸が熱くなってしまった。明日に迫ったこちらのコンサートで繰り広げられるであろうパフォーマンスにひとり思いを馳せながら。一日でも早く体調を整えて会場に駆けつけられるような私でありたい思い新たに。の歌声、聴き続けたい。

追伸

前進を押し止めようとするかのような強力な負荷がかかり、更新が大幅に遅れてしまった。心よりお詫びしたい。負けずにいたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きていきたい

いつも私であれるよう
本質共にあれるよう

祈りをこめて
あなたへの
この愛をもって

生きていきたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きなものひとつ

負荷かかる中での体調の整え方を真剣に模索している。現時点でかなりの影響を受けややもすると健康に響きがちで、言葉もことばも思うように続かぬ状況にあるので決して侮ることはできない。過日の取り組みを何とか日々成功させて心身のリズム整え、適度な運動と食の充実を心掛けることで自己免疫力を高める道にひとつ、どうしても加えたいものがある。それは、心の底から好きだと思える何かをいつもこの胸に抱いていることだ。好きなものひとつ胸にありさえすれば、人は必ずや強くなる。聴覚を労りながらも朝までずっとの歌声に包みこまれるようにして、我と我が身を励ましながら懸命に歩を進めていた。どんな時でも好きなものひとつ。心の片隅(いや、真ん中)にいつも留めておきたいとあらためて思う夜だった。

拙くとも言葉足りずともかろうじてここまでを記す。
書いているそばから記憶が飛ぶが負けずにいたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 06:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする