2020年02月23日

心励まし(加筆)

昨夕から思いきって街を歩き身内の健康を確認して遅くに戻った。その時点で風邪のような全身症状が出ていたので不安よぎるも、心励まし安静を保ちコンピューターの不具合に応急処置を施して現在に至った。症状は続いているが通常の風邪の処方で小康状態、もしも叶うものならあともう少しだけ様子をみたいと思うのだが、許していただけるだろうか(こうしている今も言葉とことばを模索しているので、それらが形を成し次第の速やかな対応をめざしている)。まだ何も確認できてはいないが、真心こめて一度ここまでを更新したい。

追伸

こちらについて真剣に思案していた。強力な負荷とすぐれぬ体調ゆえ、言葉にもことばにもなりきらぬままの切なる想いが胸にあふれて煩悶するばかりの今を変えたい。表したい。その一心で今日もまた、端緒開ける瞬間を求めて長時間粘ってしまった。心よりお詫びしたい。失われた語彙と記憶を取り戻すすべを何としても見出したい。その一方で、新たな語彙を獲得するべくインプットにも励まなければなるまいと思う。そしてまた、しっかりとした形を伴うべき「ことば」に関しては、やはり、表すのに適した時と場をきちんと選ばなければならないようだ。妙案はないものだろうか。思案しつつも立ち止まらずに何とか前進を試みたい。あなたを想う。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする