2017年07月25日

健康と安全

何時のころからか、気付かぬうちに喜怒哀楽の感情を抑え込むようになってしまった。心の鎧を外したままでは受けとめかねるさまざまから身を守ろうとしていたのかもしれない。もちろん「心の鎧を外したまま」なので傷つく時は盛大に傷つく。けれど、不特定多数の方々との交流においてはともかく、愛するひととのやりとりにおいてはいつも叶う限りピュアでありたかったのだ。結論から言ってしまえば、このような場ではなく早期にきちんとした互いの目をしっかりと見つめ合える対話がなされていればよかったのだと思う。2010年当時の私は健康だった。少なくとも「変化の行方」という記事を書くまでは本当に健康だった(その直後、私は一時倒れて記事の更新ができなくなっていた)。全速力で走り思うがままに人生を楽しめるだけの力があった。何事にもタイミングというものがあり逸しなければ今も私は健康だった。

あなたよ、どうかそれだけは理解していてほしい(念のため、エネルギーとエネルギー的な接触の仕方には十分に気をつけてほしいと思う。また、あなたが怒りや激情に駆られるがままエネルギーを放出すると、その対象となった人の周囲でエネルギー現象の嵐が起こり健康を害して大変なことになる場合があるのでその点にも十二分に気をつけてほしいと思う)。

健康と安全のためにどうしてもあなたに理解しておいてほしかったことを思いきって書いてみた。他意はないので不適切な場合は速やかに削除する。どうかあなたに真意が伝わりますように。

深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック