2018年05月31日

経緯

言語中枢の働きに大きな不安を感じている。まるで言葉すべてを失ってしまったかのような違和感をどうしても拭いきれない。あふれ返る想い表しきるだけのことば探して己の内を彷徨うも語るを得ずだ。鋭すぎる感覚を包み込むことに力注いできたためかもしれないが、未だ癒えぬ心の傷がほとばしることばを食い止めているような感触もある。心深く痛めていても鎧外して在る今は過渡期なのだろうか。混迷を極めている今の世を今日という日を思うにつけ、語りきれるだけの言葉がほしい。ことばがほしい。

時飛ぶように過ぎていくので敢えて此処までの経緯を記す。
引き続き懸命に努めていく。

深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

posted by フェリックス at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。