2018年08月29日

心の底から

昨夜の記事のすぐあとに体調を崩し臥せっていた。その直前までこんなことを書いていたのだが、更新できぬままこの時間になってしまった。不完全な文章なので迷いつつも言葉記していた証に思いきって載せてみたいと思う。引き続き書いていきたい。

いつでもどんな時でも
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。


記事の更新をするたびに喉塞がれるような息苦しさと胸苦しさを覚えている。呼気と吸気のバランスをとらないと過呼吸の症状に繋がってしまうので注意しているのだが、大抵は外的な影響によるものなのでコントロールが難しい。けれど、たとえどのような症状に見舞われようとも可能な限り落ち着いて不安や恐怖は抱かぬほうが良い(それらを克服するためのアイテムもあるので、よろしければこちらを参照してみてほしい)。そして、もしも叶うのであれば信頼できる友人や恋人、伴侶などにそばにいて手を握っていてもらおう。それが無理なら、心の底から愛するひとを強く強く想うだけでも違うはずだ。今は私自身が苦しいのでうまく言葉にできずにいるが、同様の苦しみゆえにこの記事にたどり着いた方もしもあるとするなら、負けずにいこう。エールを送る。

posted by フェリックス at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。