2018年11月30日

光に満ちた

ドイツはエルベ河畔のバロックの街ドレスデンで
今年584回目を迎えるクリスマスマーケットが始まった。

国内でもあちらこちらで
イルミネーションの点灯式が行われて

ああ、今年もまたそんな季節を迎えたのだなあと
時の経つ速さにあらためて驚かずには
いられなかった。


こんなことを書いている今も実は
かかり続ける強力な負荷と闘っており
言葉思うように出てこない辛さを味わっている。

どこまでも明るく前向きにいこうとするといつも
足元をすくおうとするかのような動きがある。
けれど、だからこそなおのことまっすぐなまなざしで
眩い光に満ちた世界を街をそしてあなたの瞳を
みつめていたいと思うのだ。


ここまでを書いて暫し臥せり日付が変わってしまった。
拙さが気になりながらも書いていたその証に
ひとまず一度更新したい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。