2019年11月15日

願いをこめて

今再び、形容のし難い体調不良に見舞われて非常に苦しい時を余儀なくされている。あまりにも具合が悪くて言葉が出ない現状を、もしかしたら補ってくれるかもしれない過去記事を思いきって此処に引用させていただきたいと思う(もしも誤解を招くようなことあらば幾度でも直していきたい。本意速やかに正確に伝わるよう心からの願いをこめて)。


鋭敏になってしまっている感覚と熱を可能な限り抑えながら
ぼおっとした痛む頭でいろいろなことを考えていた。

今までに経験していた以上のこの鋭敏さを抱えながら生きる道を
模索する必要もあるのだろうかと考えていた。

そしてふと、こんなことに思い至った。

人のエネルギーフィールドには、
その人独自の境界線(バウンダリ)が存在する(「念のため」)。

人は、この境界線の中で自らを育み、自らを知り、
健全なエネルギー感覚をもって生きて自らを輝かせていく。

私が私であること、あなたがあなたであることを限りなく輝かせて

一個の独立した存在として在ることからはじまる生が
あらゆる関係を育み、強さとやさしさを伴って
大きな愛をそこに、世界にもたらしていく。


いつ如何なるときも

人はそれぞれの生をみとめ合い、高め合い、慈しみ合って
生きていけたほうがいい。

かけがえのない今このとき

人は己が置かれた状況や環境を自らみつめ
できることならそれぞれがそれぞれを思い合いながら
歩んでいけたほうがいい。

私が私であること、その本質を取り戻そうとしている今、
その道程が普遍的な意味をもち得るのだとしたら

たとえまとまらずとも此処に書き記そう。

善きものは善きものを
光は光を
呼ぶ。

ただひとつのあなたへの愛
世界への愛をもって生きるこの道のりがいつか

世界中の笑顔へと繋がっていきますように。


いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。