2019年08月18日

インテルメディオ

体調を上向かせるための地道な方策を試みているその傍らで、力今にも尽きてしまいそうな不安に駆られ懸命に己鼓舞する苦しい時を重ねている。叶う限りの笑顔忘れず何事においても強く明るくいこうとしているがやはり苦しい。決してぐらつくことのない我が身礎この心、しっかりと保ち得ている、それだけが今の救いだ。負けずにいたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

人生

人はみな誰しもこの世で果たすべき何らかの役割や使命、学ぶべき課題のようなものを持って生まれてくると言われる。その説によれば、人生は生来の(本当の)自分を思い出し、その生命を最高に輝かせていくために用意(獲得)された時間なのだということになりそうだ。だとしたら、各々の生を文字どおり「最高に輝かせていく」責任が私たちにはあり、叶う限り心の底から満ち足りた時間を重ねていくべく努めることは、人生における最大の喜びに繋がるものなのだと思う。かつて想像だにしなかった不慮の事故により体調を崩すまで、幸いなことに私の人生は(ある一面から見れば)概ね順調だった。もちろん、人生にはつきものの大小さまざまな山や谷を経験してこなかったわけではないけれど、生来の生命力に満ち満ちたしっかりとした強さに恵まれていた。そして今再び、私はその強さを何としても早急に取り戻そうとしている。今回視野に入れている方策はとてもシンプルだ。外気温が高いうちは室内で試みる。卵が先か鶏が先か、何はともあれ試してみたい。言葉とことばもしっかりと取り戻していく。急ぎたい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。

かけがえのないあなたへ。

posted by フェリックス at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

あふれ返る日々 その11(修正)

伝えたくとも言葉では伝えきれないさまざまな想いや葛藤が渦巻いている。伝えきり分かち合えたらどんなにか心安くあれるだろうと、時と共にめまぐるしく変わる空の表情をみつめながら考えていた。いたるところで意味のある偶然が相次いでいるので心急き悩み惑うが、盛大に地上を照らす見事なエンジェルキャスケード(雲の切れ間から降り注ぐ日差し)に思い託して新しいの歌声を繰り返し繰り返し聴いてみていた。たとえ今はどのような環境下に置かれていようとも、この曲を聴いた誰もがきっといつかはもっと幸せになれる。そんな気がする。聴き続けたい。

追伸

現在、まるで記事の更新を阻むかのような強力な負荷がかかり身を起こしていることがとても辛い体調を抱えている。痛み苦しみ多々あれど負けずにいたい。舌足らずでもどうか今は許してほしい。

いつでもどんな時でも変わらぬ
心の底からの深い愛と真心、感謝の気持ちをこめて。
posted by フェリックス at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする